税理士は税のスペシャリスト|税金問題の解決はプロにお任せ

staff working

税理士を見つけよう

選択肢はたくさんあります

staff

顧問税理士はほとんどの会社に存在します。なぜならば、会社でも個人でも事業を営んでいる以上は税務申告をしなければならないからです。しかし、税務申告は税理士がしなければならないものではありません。本来的には、その会社の人がやればよいのです。しかし、税務申告には専門的な知識を要する部分が多く、ある程度の知識がなければ、自社にとって有利な申告をすることができない可能性があります。そのため、税理士を顧問として迎える会社が多いのです。税理士の仕方はそれほど大変ではありません。今では、自らインターネットで検索をして税理士を見つけるケースもあります。また、取引銀行から紹介をしてもらって顧問契約をする人もいます。

見極めが大切です

但し、税理士だからと言ってその肩書きをもっていれば、誰でも良いというわけではありません。できる税理士を選ぶ必要があります。その見分け方にはポイントがあります。そのポイントとは会計の事を理解しているかということです。税理士の中には税務申告だけをすればよいという考えを持っている人もいます。このような税理士に出くわした場合、税務は行ってくれるものの、経営までは見てくれないという状況に陥ってしまいます。顧問料を支払っているのですから、それに見合ったサービスを受けられるよう、しっかりと選別をしておきましょう。押さえておくべきポイントは引当金です。賞与引当金や修繕引当金の設定を提案してくる税理士は契約するべき相手と言えます。